第75期生徒会長より~冬休みに向けて~

 いよいよ待ちに待った冬休みですね。今はコロナ禍でクリスマスやお正月などは家で過ごす人が多いのではないでしょうか。私も毎年親戚と集まっていますが、今年は家で自粛します。ですが、私はこの冬休みの計画を立てていこうと思います。計画を立てることで、一日に何をすればいいのかなどがわかり、休みの時間を無駄にすることなく過ごせます。私は長い休みになると勉強のことを忘れ、何日も遊んでしまうことがあります。ですがこの冬休みではそのようなことをしないように、遊ぶときは遊ぶ、勉強するときは勉強する、という区別をしっかりつけていきたいです。

 今はコロナ感染者が急激に増えてきています。緊急事態宣言は出ていませんが、この感染者の勢いを少しでも減らすためには、一人一人が予防対策をしっかりすることが大切だと思います。学校内でもこまめな水分補給やハンカチをいつも持つなどの対策をしています。家に帰ったらしっかりと手を洗い、少しでも感染者を増やさないという意識をしっかりと持って過ごしましょう。

 そして、3年生の皆さん、受験まで残りあとわずかですね。私たち1,2年生は3年生の皆さんを応援しています。あきらめずに頑張ってください。

 今回の冬休みはあまり外出のできない休みですが、色々なことを意識していき、充実した冬休みにしましょう。

夏休みに向けて~生徒会長・副会長より~

【生徒会長】

 生徒会長の榎本龍真です。新型コロナウィルスが流行している今、日本の感染者数が増えてきています。これは第2波と呼べるのでしょうか。今から100年ほど前に世界中で流行したスペイン風邪というものがあります。これは今でいうインフルエンザです。当時は世界的に大流行し、多くの方が亡くなりましたが、今では毎年かかる人がいるほど身近なものとなりました。今、流行している新型コロナウィルスも100年後には致死率が低く、身近なウィルスになるかもしれません・・・。

 さて、いよいよ夏休みが始まります!普段より短い3週間ほどの夏休みになり、宿題が減って嬉しいという人やもっと長い夏休みを満喫したいという人もいると思います。いずれにせよ、この3週間ほどの夏休みを「どのように過ごすか」がとても大切になります。例えば、勉強や部活動は毎日コツコツと続けることが本当に大切なことです。持続すれば必ず結果が出る!と、私は言えません。しかし、結果を出している人は必ず努力をしています。

 長期間の休みにあたって、先生方と接触する機会が減ると思います。「人に見られていないところで人の本質が問われる」のではないでしょうか。生活をしっかりと見直して、誇りある芝中生として胸を張れる毎日を過ごしましょう!!

【生徒会副会長】

 こんにちは、生徒会副会長の江川楓です。近頃、様々な場面で新型コロナウィルスの影響を大きく受けています。三年生にとって今年の1年間は中学校生活最後の年となります。しかし、学校行事がいくつか中止となり、また、入試の出題範囲が変わってしまったことで、対策を取らなければならなくなってしまいました。ですから、今年の三年生はかなりハードな夏休みになると思います。

 さて、三年生は「いかに学力をつけるか」という勝負の夏ですが、一年生と二年生にとっても学力を伸ばすチャンスとなります。夏休みは期間が長い分、毎日学習を行う人とさぼってしまう人の差が大きく開きます。時間がたくさんあるからといって遊んでばかりいると、新学期で自分だけ周りから遅れてしまうなんてこともあります。

 そうならないためにも、一年生、二年生は「学習70%、息抜き30%」ぐらいの割合で学習の間に息抜きを入れるとバランスよく充実した夏休みを満喫できると思います。

 最後に、今の世の中は混乱している状況ですが、感染対策をしっかりとして可能な範囲で夏休みを楽しんでください。

 

【生徒会副会長】

 みなさんこんにちは。生徒会副会長の高橋葵依です。 みなさんいよいよ夏休みですね。テストも終わり夏休みを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。しかし、今年はコロナウィルスが流行し、今も感染者が増え続けています。こんな状況の中での夏休みです。皆さんは夏休みをどう過ごしますか?お祭り、海、旅行など皆さんは楽しみに待っていたと思います。しかし、今年は残念ながらコロナウィルスの影響で、今まで通りにはいきません。少し寂しい夏休みになってしまいますね。私も同じ気持ちです。そこで私は楽しく、充実した夏休みにするために、何か新しい楽しみを探してみたいと思います。みなさんも何か探してみてはどうでしょうか?きっと、今しかできないことが見つかり、充実した夏休みにすることができると思います。

 みなさん、夏休みはできるだけ外出を控え、外出する際にはマスクを着用するなど、対策をしっかりしてコロナウィルスが少しでも早く終息するように頑張りましょう。もちろん、安全に気を付け、芝中生として恥ずかしくない行動をとり、次にみなさんが登校する8月24日に、また笑顔で元気な姿で会いましょう!

7/10(金)生徒総会での会長の言葉

 みなさんこんにちは。生徒会会長の榎本龍真です。コロナウィルスが完全に終息していない中で新しい学校生活が始まりました。世界が新しく変化している中、私たち芝中生は新しい芝中のことを考えなくてはいけません。今こそ、『対応する力』が求められているのです。予測していない事態が起こった時に自分で行動する力。これはこれから先社会で生きていく中でとても大切な力だと思います。

 芝中のことを考える1つの例として、生徒会本部の活動があります。今までは他学年交流会や挨拶運動などを他学年との交流、学年内を明るくし、いじめ防止のために行っていました。新しい世界に『対応する力』が求められている今、挨拶運動は期末テスト後の27日(月)から接触や密を避けながら行っていきます。また、エコキャップ活動は安全第一に考えながら回収方法などを工夫し、行っていきたいと考えています。みなさんも新しい芝中のことを詳しく考えてみてください。

 今年度の生徒総会は昨年までと違い、様々な変化があります。その中で生徒会本部や各事業委員会をはじめとする多くの方々が今日のために準備をしてきました。芝中生一人一人が新しい変化に対応し、新しい芝中のことを本気で考えられる実のある1時間いしましょう!!

6/4(木)新入生オリエンテーション会長あいさつ

 新型コロナウィルスにより休校期間が続きましたが、私たち上級生は皆さんが入学してくる日を心から待ちわびていました。制服を着ることで、中学生になった実感が湧いてきているのではないでしょうか。それと同時にこれから本格的に始まる中学校生活への期待や不安で胸が膨らんでいることでしょう。確かにこれから始まる日々は、勉強や部活動、そして委員会や行事など、本当に忙しい毎日になると思います。しかし、その一つ一つに真剣に取り組むことで、自分自身の大きな成長につながる三年間になるはずです。

 この芝中学校には素晴らしい伝統があります。その一つに何事にも全力で取り組むということがあります。例えば、行事の前に朝早くから放課後まで練習し、クラスで一致団結して取り組むこともその一つです。頑張る時は全力で頑張る、楽しむときは全力で楽しむ、それが芝中生です!!

 三年間はあっという間です。ぜひ、失敗を恐れず全力でいろいろなことに挑戦してみてください。時には悩むこともあるかもしれません。そんな時はぜひ、私たち上級生を頼ってください。もちろん、先生方も力になってくださいます。安心してこの芝中学校で勉強に、部活動に、行事に全力を尽くしてください。

 三年間の芝中学校での生活を充実したものにできるよう、今日から一緒に頑張りましょう!

生徒会本部のメンバーです。

臨時休業に伴う生徒会長メッセージ

 皆さん、こんにちは。生徒会会長の榎本龍真です。

 新型コロナウィルスの影響で学校が臨時休校になってから、毎日家にいる日々を過ごしていると思います。

 しかし、皆さん一人一人の我慢によって日本は諸外国と比べて感染者、死者数共に被害が少ないようです。

 私は皆さん一人一人の努力が身近な家族、埼玉県、日本を支えているのだと思います。

 さて、これからの過ごし方ですが、私はこの休校期間に何をするのかが大切なのだと思います。

 インターネットで世界情勢に目を向けてみたり、マスクを作ったり、教科書を読んで予習したり、

 今できることはたくさんあるのではないでしょうか?

 人のため、自分のために何ができるのか考えて行動できるようにしましょう!

 学校が再開する時、元気な皆さんと再会できるのを楽しみにしています。